top of page
Search

Ukrainian Sandwich Cafe vol.01 の様子


July 2nd, 2022


東京都浅草橋にて、「ウクライナサンドイッチカフェVol.01」を開催しました。

(Vol.01ですが、実際は2回目です )

前回に引き続き、大勢の方にお越し頂き、盛会となりました。大変感謝をしております。


こちらは、朝の仕込みの時間の風景です。

今回はマリーアおばあちゃんと、イリーナおばあちゃんが中心となり、料理の準備をしました。

お二人は、日本語も英語もできません(現在勉強中♪)ので、コミュニケーションには工夫が必要です。

オンラインで通訳をお願いして、作業をしたところ、

通訳さんはオンライン参加でも、概ね問題がないという事がわかりました。

世の中には、テクノロジーで解決できる事も多いのです。

この日、とても感動をしたのは、

多くの志の高いアルバイトさん、ボランティアメンバーに集まって頂いた事です。

前回のブログでご紹介をした、ウクライナ人ご夫婦はアルバイトで参加です。もちろん即戦力です。慣れた手付きでヴァレニキを作っています。

また、今回は小学生の女の子が、遠い福島からパパと一緒にお手伝いに来てくれたのです。

東京に来るのは今日が2回目。

2回目なのに朝8時から人参の皮むきをしているのです。

パパ、お願いですから、もっと楽しい所にも連れて行ってあげてください。😂

福島ではいい子が育つんですね。こういう子が、将来立派になるのですね。

(後で聞きましたが、お昼過ぎに上野動物園に行ってきたようです。よかった。)

こちらのウクライナ人のご夫婦は、2日前に来日されました。

お仕事の都合でシンガポールから日本に引っ越しをされたそうです。

本来であれば、新生活の準備で大忙しのはずですが、

おばあちゃん達の助けになるならということで、一日通訳のお手伝いをしてくれました。なんとも清々しく、心の優しい人たちです。








マリーアおばあちゃん。前日は緊張して寝れなかったみたい。

ですが、キッチンに立ったら、とても楽しそうに作業をしていました。

このプロジェクトを通して知り合いも増えてきたので、おしゃべりも増えました。





このイベントの素晴らしいところは、いろいろなお客様が、いろいろを事を考えながら来てくれる事です。

ご参加頂けるだけで、大変ありがたいご支援です。

お料理を楽しんで頂く事に加えて、ゲストや避難民の温かい交流の場となっています。

折り紙を披露してくださる方がいました。

手作りの和菓子をお持ち頂いた方もいらっしゃいました。

ご自宅で作ったラベンダーや、お洒落なお洋服など、気持ちのこもったプレゼントもありました。

喜ぶおばあちゃん達。

少々話は変わりますが、プロジェクト運営というのは子育てと同じかもしれません。

我々がプロジェクトを企画した時には、こんな場所になるなんて考えつきませんでした。

物事は、なかなか思うようにいかない。失敗も多い。

しかし、多くの方が、多くのアイデアを持ち込んで、多くの想いが集まると、企画者の計画や想像を遥かに超えた、凄く良いものに成長をする事があるんですね。

子供の成長と同じかもしれません。

多くの方にお集まり頂きました。


皆様からのご支援で、これからどんなプロジェクトに成長するのか。

おばあちゃん達の笑顔を見ながら、ぼんやりと考える日となりました。


サポートウクライナ・ジャパン 桑村





1,055 views0 comments
Post: Blog2_Post
bottom of page