top of page
Search

ウクライナに使い捨てカイロを送るには(まとめ)

【2023年1月13日現在】


日本では、昔から人気のある商品である使い捨てカイロ。

実は海外ではあまり流通していないようです。

ウクライナは極寒の冬。

安価で誰でも使えるこの商品を、ウクライナに送ろうとお考えの方も多いかと思います。

実際に郵送をする際には、多くの注意点がございます。

皆様も失敗をしないように、情報を共有いたします。

【まとめ】

1.このリストに載っているメーカーの商品を用意すること。

https://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/heating.html


2.郵送サービスは、郵便局の「小形包装物」がベスト。(最安値)

https://www.post.japanpost.jp/int/service/small_packing.html


3.荷造りの際には、出来るだけ軽量にすること。

 余計なものを入れない。カイロの外袋を除く。など


4.簡易包装ではダメ。段ボールなどに入れること。

 郵便局のゆうパック用の箱(小)が丁度よいサイズ。しかし1箱100円かかる。


5.事前に、郵便局の国際郵便マイページサービスで登録をすること。

https://www.int-mypage.post.japanpost.jp/


郵送する個数が多い→PC版の利用を推奨。


郵送する個数が少ない

 プリンターを持っている→PC版の利用を推奨。

 プリンターを持っていない→スマートフォン版の利用を推奨。



【失敗談】ウクライナに使い捨てカイロを送る時(国際郵便)は、カイロのメーカーにご注意を!


国際郵便はどの程度機能しているか、調査を兼ねて大量のカイロを送ってみます。


郵送方法にはいくつか選択肢があります。

・DHLなどの民間サービス。

ちなみにDHLは現在、日本→ウクライナは直接送れません。日本→ルーマニア→ウクライナは可能でした。割高


・郵便局のEMS便(国際スピード郵便)

こらは機能しているようです。値段は高いです。


・郵便局のSAL便(エコノミー便)

現在、取り扱い停止中


・郵便局の船便

現在、取り扱い停止中


・郵便局の小型包装物

取り扱い可。安い。しかし2kgまで。


今回は、小型包装物として送る事にしました。


重さが2kgまでなので、重量を測って小分けにします。

今回は6個に分けました。

郵便局郵送手続きの際に、こんな案内を頂きました。

国際郵便は、webから事前登録をしなくてはいけません。スマフォからも出来ますが、たくさんあると面倒。

これは事前に家でやってきた方が良かった。


6個分の登録をし、それぞれのQRコードを取得する必要があります。



ラベルを印刷します。


これをひとつずつ、荷物に貼り付けます。



さて準備OKと思いきや。

スタッフの方から、中身は使い捨てカイロですか?

メーカーはどこですか?と詳しく質問が。


どうやら、使い捨てカイロは、メーカーによって成分が違うようで。

国際郵便で郵送するには、認可されたメーカーの製品でないと送れないそうなのです。


https://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/heating.html


今回、私はネットの通販で大量購入をしましたが、この一覧には載っていないメーカーの製品でして。

残念ながら、この日は郵送を諦めました。




【成功事例】ウクライナに使い捨てカイロを送りました。


前回の教訓を踏まえ、今回は許可されたメーカーの製品を購入しました。












参考

https://www.oroshistadium.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000001993


前回同様に、1つの荷物の重さは2kgまでに抑えます。


次に、国際郵便マイページサービスで事前に郵送物の情報を登録しました。

前回は郵便局内でスマフォを使ってやったので、大変な時間がかかってしまいました。

今回は、事前にパソコンから登録をしておきます。


※このWebサービスの仕様は少々紛らわしいのです。混乱しないように記します。

前回はスマートフォン用のサイトを利用しました。

PC用のサイトはインターフェースや機能が異なります。

スマフォ版では、個人、法人という登録区分がございません。

スマフォ版で登録したIDで、PC版を利用してログインすると、なぜか「法人アカウント」となっておりました。

「法人アカウント」で処理を進めると、差出人も、送付先も、会社名などの法人情報の入力が求められます。これはやってられない。

という事で、今回は新たにPCで「個人アカウント」を作成し、それを利用しました。


続いて入力画面です。



小形包装物を選択します。

発送方法は「航空便」のみしか選択ができません。


そして手順を進めていくのですが、

PC版の方では、送り状は自分のプリンターで印刷する事になります。

スマートフォン版ではQRコードが発行され、郵便局で印刷が出来るのですが、

PC版の方はそうではございません。プリンターをお持ちでない方は、ご注意を。


今回のケースでは、送り状が6枚必要になります。

数が多い場合には用意に時間がかかります。


※同じような送り状を作成する場合は、「再作成」ボタンが便利。前回の内容をコピーできます。

スマートフォン版はこの「再作成」ボタンが無いので、多くのラベルを作成する場合には時間がかかります。したがって、数が多い場合はPC版の利用をお勧めします。


自分で送り状を6枚印刷し、いざ郵便局へ。



そして、これを郵便局に持っていったのですが、問題が発生。

テープではなくで、段ボールなどの箱に入れてくださいとの事。

段ボールの箱自体もそれなりの重量があるので、困りました。


郵便局では、ゆうパック用の段ボールを販売しています。

ゆうパック用(小)のものであればサイズはピッタリ。


しかし、重量が問題に。

段ボールを固定するテープを貼る前の状態で、重量が1992gに。。。

これでは重量オーバーになってしまうかも。


という事で、カイロの外袋を剥がして、少しでも内容量を軽くする事にしました。



この作戦が成功し、規定重量(2kg)以内に収まりました。


合計1974gです。


今回郵送した使い捨てカイロの場合、一箱に40個を入れることができました。