top of page
Search

“Support-Ukraine Japan” Online meeting「サポートウクライナ」現地ヒアリング Vol.3


今回は、キーウ(キエフ)の方からお話を聞きました。


2月24日 早朝 キーウ(キエフ)の空港近くで、ロシア軍の攻撃があった。

当日は仕事に行く予定だったが、攻撃の影響で出勤できず。

現在は、戦争の影響等もあり、仕事が無い状態。

現在は、ウクライナ中部のクリヴィー・リフに避難中

現在は、奥さんとお母さんと生活している

親族の中では、ポーランドへ一時避難している方もいる

2月25日 攻撃のあった翌日に避難した

3週間前に、オフィスと店舗がロシアのミサイル攻撃があったため、仕事が続けられなくなってしまった

オフィスはトレーディングセンター

早朝の営業時間外だったため、大きな被害は避けられたが、6名前後の死者が出てしまった。警備会社の方々。

本社が無くなってしまったため、やむなく退職。

会社はリトアニア系の小売業で、ウクライナ国内に約80店舗ほど展開していた。

ウクライナの経済規模が縮小している事もあり、事業の再開は難しい。

したがって、復職についても期待できない。

ロシアが大きな港を閉鎖しているため、物流の混乱の原因になっている。


参加者からのQ&A


-事態が収束した後、ウクライナ復興に必要なものは?

食材、医療品。

ウクライナ国内で生産できなくなってしまった建築材料等


-ウクライナ国内でもニュースは見れているか?

ニュースをウクライナで見ることはできるが、多くのプロパガンダが含まれているため注意が必要


-子供達への影響は?

どこに滞在しているかで、回答が異なってくる

ウクライナ東部では食料、飲料水が不足しているため、事態は深刻化している。更にミサイル大砲が飛んでくるので、子供たちの精神状態は悪化


-海外からの寄付はどのように使われている?目に見える形で役に立っているか?

個人的な見解にはなりますが、寄付は正しく使われていると考えている

ウクライナ国内では多くのボランティアが活動している。

2014年からこの戦争が始まっているが、監査体制が整っているので、正しく機能していると感じている。

Story the speaker from Kyiv.


Early morning on February 24, there was a Russian attack near the airport in Kyiv.

He was planning to go to work on the day, but he couldn't go to work due to the attack.

Currently, there is no work due to the influence of the war.

Currently evacuating to Kryvyi Rih in central Ukraine

Currently living with his wife and mother

Some relatives have been temporarily evacuated to Poland

February 25 Evacuated the day after the attack

Three weeks ago, offices and stores were hit by Russian missiles, which prevented them from continuing to work.

The office is a trading center

Since it was outside business hours in the early morning, great damage was avoided, but six people died. Security companies.

He was forced to retire because the head office was gone.

The company is a Lithuanian retailer with about 80 stores in Ukraine.

Due to the shrinking economy of Ukraine, it is difficult to restart the business.

Therefore, he cannot expect to return to work.

Russia's closure of a large port is causing logistics disruptions.


Q & A from participants


-What is needed for the reconstruction of Ukraine after the situation is settled?

Food, medical products.

Building materials that can no longer be produced in Ukraine


-Are you able to watch news in Ukraine?

You can see the news in Ukraine, but be careful as it contains a lot of propaganda


-What is the impact on children?

The answer depends on where they are staying

The situation is exacerbated by the shortage of food and drinking water in eastern Ukraine. In addition, missile cannons fly, which worsens the mental condition of children.


-How are donations from overseas used? Is it useful in a visible way?

In my opinion, donations are being used correctly.

Many volunteers are active in Ukraine.

This war started in 2014, but I feel that it is functioning properly because the audit system is in place.

19 views0 comments

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page