top of page
Search

“Support-Ukraine Japan” Online meeting「サポートウクライナ・ジャパン」現地ヒアリング Vol.4


現在、たくさんの建物がウクライナでは破壊されてしまっている状況である。

年金取得者の年齢層になると、片付け等難しくなってきている。

キーウなどの大都市では、攻撃を受けているが、政府も対応ができていない状況である。

国を守るため活動に注力しているため、なかなか復興の活動まで手がまわっていない。

ヨーロッパや世界の国々では、戦争終了後に再建を進める等の話も出ている。

地雷も気を付けないといけない。


キーウ出身、ドイツに退避中の方のお話を伺いました。


2月24日以降、生活が大きく変わってしまいました。

キーウにで生まれ、今まで暮らしていましたが、このような事態になるとは信じられませんでした。

空港を始め、各種施設が破壊されている状況を未だに信じることができない心境です。

ウクライナ国内では、現在非常に危険な地域もあり、特にマリウポリなどの状況は悲惨です。

地下鉄駅などで生活をしている人も多くいます。

子供達の生活、出産を含めて非常に深刻な状況。

娘さんとドイツへ一緒に避難した。

避難する人がたくさんであるため、道路も渋滞し、さらに国境の通過には、とても長い列ができていた。

600kmを60時間近く運転して、避難した。

避難中、非常に親切に対応を受けた。

ロシアの、プロパガンダはどのように報道されているかわからないが、

実際の状況はウクライナはウクライナ人の国である。

ウクライナ国内に残るか、避難するかで葛藤があった。

みなさん、それぞれの意見や考え方があるので、難しい部分がありますが、

わたしの場合、子供の意見を尊重し、生きることが重要と感じて、避難を決意した。

子供たちの意見も同じだったので、避難を決意した。

女性、子供達の安全が確保されるべきであると感じている。

ウクライナの男性は、非常に勇敢で、家族や国を守るために闘ってくれている。

友達の話になりますが、キーウ周辺にお住まいの、3人の子供をお持ちのお母さんの話。

避難をすべきか悩んでいる様子であった。避難を決めた翌日にロシア軍の侵攻があった。

帰国を予定していますか? 長期の避難を計画されていますか?

次にどんなことが起きるかわからない状況であるため、5月9日頃までは、現状のドイツ滞在を維持したいと考えている。

高層階のアパートに住んでいたので、心配な面がある。


Currently, many buildings have been destroyed in Ukraine.

When it comes to the age group of pensioners, it is becoming more difficult to clean up.

Large cities such as Kyiv have been attacked, but the government has not been able to respond.

Since we are focusing on activities to protect the country, we have not been able to handle reconstruction activities.

In Europe and other countries around the world, there are talks about reconstruction after the end of the war.

You also have to be careful about land mines.


We interviewed a person from Kyiv who is evacuating to Germany.


Life has changed a lot since February 24th.

I was born and lived in Kyiv, I couldn't believe this would happen.

I still can't believe the situation where various facilities such as the airport have been destroyed.

In Ukraine, some areas are currently very dangerous, especially in Mariupol's situation.

Many people live in subway stations.

Very serious situation including children's life and childbirth.

I evacuated to Germany with my daughter.

Due to the large number of people evacuating, the roads were congested and there were very long lines crossing the border.

I evacuated after driving 600km for almost 60 hours.

During the evacuation, I was treated very kindly.

I don't know how Russian propaganda is reported,

The actual situation is that Ukraine is a Ukrainian country.

There was a conflict between staying in Ukraine and evacuating.

Everyone has their own opinions and ideas, so there are some difficult parts, but

In my case, I respected the opinions of my children and felt that it was important to live, so I decided to evacuate.

The children's opinions were the same, so I decided to evacuate.

I feel that the safety of women and children should be ensured.

Ukrainian men are very brave and are fighting to protect their families and nations.

As for my friend, the story of a mother who lives around Kyiv and has three children.

She seemed to be wondering if she should evacuate. The day after deciding to evacuate, there was an invasion of Russian troops.

Are you planning to return to Kyiv? Are you planning a long-term evacuation?

I don't know what will happen next, so I would like to keep my current stay in Germany until May 9th.

I lived in an apartment on a higher floor, so I'm worried.

11 views0 comments
Post: Blog2_Post
bottom of page