top of page
Search

“Support-Ukraine Japan” Online meeting「サポートウクライナ・ジャパン」現地ヒアリング Vol.5


今回は、ウクライナ中南部ザポリージャの方からお話を聞きました。

市の中心部から西へ20km程度離れたところに現在生活している

ザポリージャ州(県)の約半分は、ロシア軍が侵攻している

3月3日にザポリージャ原発がロシア軍に占拠された

朝6時に、戦争が始まったと起こされた

初めは、戦争なんて冗談かと思った

お母さんが、軍隊の飛行機が近くを飛んでいたと話をしていた

スーパーマーケットに生活用品の買い出しに出かけたが、既に長い列ができていた

当日は、なんとか買い物ができた

翌日は、ガールフレンドのところへ向かった。空港が近くにあるため移動することを決意。

途中、何度か爆発音を聞いた

10Km程度離れた場所には、ウクライナ軍の施設もあるため、危険と判断

彼女は、ドイツへ避難を決意

当初、ロシア軍に原発占拠等の問題もあり、住民はパニックになっていた

彼女が電車で避難する際、避難民は電車に向かって走り出すなど、パニックになっている様子が目の前にあった

西側の国であるポーランドなどを目指し、電車に搭乗していた

ザポリージャではカフェやレストランなど、侵攻前と比較し、50%ほどの経済活動が行われている。

時々、空襲警報が鳴るという問題があったり、地理的な問題もあり、完全復旧ではないが、

安全と言えないが、徐々に以前の生活を取り戻しつつある

経済活動は再開の方向ではある。早朝、夕刻など、多くの人々が町中を歩いている。 仕事の無い人々も多くいる。

ザポリージャは、ロシア軍の攻撃に合う可能性もあり、お母さんの働く宝石店は、ビジネスの再開に慎重な判断。

赤十字で働く友人の話

マリウポリ市内に入ることは難しい

避難民を輸送するプログラムもあるが、途中にロシア軍の検問がたくさんあるため、100Kmの距離であるが、移動に数日かかってしまうこともある

避難民をサポートしている運転手が、逮捕されるケースも出ている

検問で、逮捕されるケースが出ている

以前は、ロシア軍が検問を担当していたが、現在は地元の親ロシアグループなども担当

最新情報では、国連が管轄するという話もあるが・・・

検問は、特別なギフトを出すことで、通過させてもらったりしていることもあるよう・・・

ロシア軍の兵士がアイスクリームを要求する件、ロシア軍の兵士ではなく、反社会勢力である可能性もある

反社会勢力が モノを盗んだり、人を襲ったりする事もある。

ウクライナには民兵は元から存在するお国柄?

民兵というか、自衛団のようなモノは存在する

ドネツク地区では、ロシア政府が 自衛団を管理している模様

価値観の異なる人達が、自衛団を形成している状態

善悪の判断は、それぞれのグループによるところがあり、判断は統一されていない


ウクライナ西部に退避しているウクライナ人が、今後、キーウに帰る予定。

その帰宅途中、写真や動画を取ることは可能か?

地域によっては、動画や写真の撮影自体が危険になるケースがある。

軍に関する位置や時間情報付きの写真や動画は、ロシア軍には有益な情報になる可能性がある。

このような現地情報を漏らさないようにする動きがある。

撮影する行為自体が、問題になるケースがあると考えられる。


This time, we heard from a person from Zaporizhzhya which is central and southern Ukraine.

He currently live about 20km west of the city center.

About half of Zaporizhzhya (prefecture) is invaded by Russian troops

Zaporizhzhya nuclear power plant was occupied by Russian troops on March 3

He woke up at 6am when the war had begun

At first, He thought war was a joke

His mother was talking about an army plane flying nearby

He went to the supermarket to buy everyday items, but there was already a long line.

He managed to shop on the day

The next day, he went to his girlfriend. he decides to move because the airport is nearby.

On the way, he heard the explosion sound several times.

It is judged to be dangerous because there is a facility of the Ukrainian army in a place about 10 km away.

Girl friend decided to evacuate to Germany

Initially, the residents were panicked due to problems such as the occupation of the nuclear power plant by the Russian army.

When she evacuated by train, refugees were panicking in front of her, running towards the train.

she was on a train to the western country of Poland and elsewhere.

In Zaporizhzhya , about 50% of economic activities such as cafes and restaurants are carried out compared to before the invasion.

Occasionally, there is a problem that the air raid warning sounds, and there is also a geographical problem, so it is not a complete recovery,

It's not safe, but it's gradually regaining its former life.

Economic activity is in the direction of resumption. Many people are walking around town in the early morning and evening. Many people have no job.

Zaporizhzhya may get the Russian army's attack, and the jewelery store where his mother works is cautious about resuming business.

The story of a friend who works at the Red Cross

Difficult to enter Mariupol city

There is also a program to transport refugees, but there are many Russian military inspections along the way, so the distance is 100 km, but it may take several days to move.

In some cases, drivers supporting refugees have been arrested.

There are cases of being arrested during inspections

Previously, the Russian army was in charge of the inspection, but now it is also in charge of the local pro-Russian group etc.

According to the latest information, it is said that the United Nations has jurisdiction over it ...

It seems that the inspection may be passed by giving a special gift ...

Russian soldiers demanding ice cream could be antisocial forces rather than Russian soldiers

Antisocial forces can steal his things and attack people.

Is the militia a country that originally existed in Ukraine?

There is something like a militia or a self-defense force

In the Donetsk district, the Russian government seems to be managing the self-defense force

People with different values ​​are forming a self-defense group

The judgment of right and wrong depends on each group, and the judgment is not unified.


Ukrainians evacuated to western Ukraine will return to Kyiv in the future.

Is it possible to take photos and videos on the way home?

In some areas, taking videos and photos can be dangerous.

Photos and videos with location and time information about the military can be useful information for the Russian military.

There is a movement to prevent such local information from being leaked.

23 views0 comments
Post: Blog2_Post
bottom of page