top of page
Search

“Support Ukraine” Online meeting「サポートウクライナ」現地ヒアリング Vol.1

サポートウクライナは、毎週木曜日20:00(日本時間)に、オンラインミーティングを開催しています。


初回はキーウ(キエフ)出身の男性の方からお話を聞きました。

・この戦争は今年の2月24日に始まった訳ではなく、2014年からの続きであるという見解がある。

・キーウ(キエフ)の空港付近で爆発音があり、中部のクリヴィー・リフに避難した。

・ザポリージャ原発への攻撃があり、西部へ避難した。

・マリウポリなどの危険な地域は連絡がつかない。

・精神的に不安定になり、鬱のような状態になり、歩けなくなる人もいる。

・仕事をなくした人が多い。どうしてよいかわからない。

・政府の情報では45%のウクライナ経済にダメージがある。

・ウクライナは農業大国であるが、この種まきの時期に作業ができないため、穀物収穫量への影響は免れない。

・学生はオンラインでの授業を始めている。しかし教材すべてはデジタル化されていないため授業内容に大きな制限がある。

・外国へ避難した子供達は現地の言語を習得するという大きな課題がある。


Support Ukraine holds an online meeting every Thursday at 20:00 (Japan time).


For the first time, I heard a story from a man from Kyiv.


-There is a view that this war did not start on February 24th of this year, but is a continuation of 2014.

-There was an explosion near the airport in Kyiv, and I evacuated to Kryvyi Rih in the central part.

-There was an attack on the Zaporizhia nuclear power plant, and she evacuated to the west.

-Dangerous areas such as Mariupol cannot be contacted.

-Some people become mentally unstable, depressed, and unable to walk.

-Many people have lost their jobs. I don't know what to do.

-Government information shows that 45% of the Ukrainian economy is damaged.

-Ukraine is an agricultural powerhouse, but since it is not possible to work during this sowing season, it is inevitable that it will affect grain yields.

-Students are starting classes online. However, since all the teaching materials are not digitized, there are major restrictions on the content of the lessons.

-Children who have evacuated to foreign countries have a big problem learning the local language.




18 views0 comments

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page