top of page
Search

“Support Ukraine” Online meeting「サポートウクライナ」現地ヒアリング Vol.2


サポートウクライナは、毎週木曜日20:00(日本時間)に、オンラインミーティングを開催しています。


今回は、ルーマニアでウクライナ避難民を支援されている女性の方からお話を聞きました。


・ご本人も、2月17日まで ウクライナで生活されていたが、紛争の1週間前にルーマニアへ引っ越し

・旦那さんは、国際機関でお仕事をされていたが、軍事侵攻の影響で中断。ご本人はオンラインでお仕事をされている

・避難民(ルーマニアに避難した)の方々の問題点:言語、文化、滞在費用、仕事など

・現在の状況がいつまで続くか見通しが立たない事が問題である

・ルーマニアの大きい都市では、滞在場所の数に限りがある。地方にいくと仕事や移動手段の問題が出てくる。

・ルーマニアでは、ラテン語圏のため英語を話すことのできる人が都市部に多いが、ウクライナ語やロシア語を話すことは困難な場合が多い

・避難期間が長期化するにつれて、避難先で新たな仕事を見つけたり、子供の学校の問題が表面化してきている

・学校・教育の問題 : ルーマニアへ避難してきた先生と子供たちをマッチングするサービスもあるが、難しい問題も発生している

・ルーマニアからオンライン経由でウクライナのアクセスしている例もあるが、教科書の問題や、通信機器の問題、通信スピードの問題等が表面化し始めている

・受け入れている避難民の家族の話:現在お母さんは、オンラインで仕事をしている。 キーウ(キエフ)が比較的安全になってきているので、月末にウクライナへの帰国を検討し始めた。

・キーウに戻る方がこの数日で増加している。 一方で、5月9日はロシアの第二次世界大戦の戦勝日のお祭りがあるので、何かが起こるのではないかと不安。

・ルーマニアでは、元々人手不足の傾向があったため、ウクライナ人を雇うという動きは活発に行われている。ただし言語の問題はある。

・仕事ができない人は、貯金で生活をしている。


Support Ukraine holds an online meeting every Thursday at 20:00 (Japan time).


This time, we spoke with a woman who is supporting Ukrainian refugees in Romania.


-She also lived in Ukraine until February 17, but moved to Romania one week before the conflict.

-Her husband was working at an international organization, but was suspended due to the military invasion. The person is working online

-Problems of refugees (evacuated to Romania): language, culture, cost of stay, work, etc.

-The problem is that it is uncertain how long the current situation will continue.

-In large Romanian cities, the number of places to stay is limited. if they go to rural areas, problems with work and transportation come up.

-In Romania, there are many people who can speak English because it is Latin-speaking, but it is often difficult to speak Ukrainian or Russian.

-As the evacuation period becomes longer, finding new jobs at the evacuation site and problems with children's schools are becoming apparent.

-School / education issues: There is a service that matches teachers and children who have evacuated to Romania, but there are also difficult issues.

-Although there are cases where Ukraine is accessing Ukraine online from Romania, problems with textbooks, communication equipment, communication speed, etc. are beginning to surface.

-Family stories of refugees accepting: Mom is currently working online. She began to consider returning to Ukraine at the end of the month as Kyiv is becoming relatively safe.

-The number of people returning to Kyiv has increased in the last few days. On the other hand, May 9th is the festival of Russia's World War II victory day, so I'm worried that something will happen.

-In Romania, there has been a tendency for labor shortages, so there is an active movement to hire Ukrainians. However, there is a language problem.

-People who cannot work live on savings.

20 views0 comments

Comments


Post: Blog2_Post
bottom of page